戻る

TM-HOUSE

[ CHIBA 2018年 ]

細長い敷地は北側に大きく開け、駐車場を介して川越しの風景を望むことができる得難い環境に有ります。自己所有の駐車場は将来眺望を阻害することはありませんが、利用者からの視線が気になることから、プライバシーを確保しながら眺望を獲得することを目指しています。計画ではリビングを北側に設け、7mを超える吹き抜け空間を提案しています。プライバシーを確保するために1階部分を閉じていますが、囲われた空間は周囲に設けられた大きな高窓から柔らかく光が降り注ぎ、明るく落ち着いたスペースになっています。天井は波打つように伸び上がり、南側のハイサイドライトから差し込む陽光は、時に空間を劇的に演出してくれます。遊び心のある階段や滑り棒は空間のアクセントとなり、無垢の柱が適度に視線を遮りながらスペースを緩やかに分割しています。変化に富んだ空間は豊かなアクティビティを生み、ご家族で弾かれるピアノの音響効果をより一層引き立ててくれます。プライベートスペースは扉を開ければ家族のパブリックスペースにつながり、無駄な廊下や空間を極力作らないことで、使える床の面積を最大限に獲得しています。また、対角線上に視線が伸びるように計画することで、より一層の広さを体感することができます。家族の書斎ともいえる2階のオープンスペースからは、くつろぎや移動の合間に北側に広がるきらめく風景を望むことができます。